18禁エロサイト ピエダスコルドバ

エロニュース一覧

近所のおばちゃんで童貞卒業

これは僕が中学の時に童貞卒業した時の話。当時の僕は中一で覚えたてのオナニーに夢中になっていた。僕がオナニーを覚えるキッカケになったのは女子校生の制服を逆さ撮りしたパンチラ盗撮動画を見て背徳感を感じたことでした。一日に2,3回はしていて、多い時は5回以上した事もある。そんなに性欲が強い僕だったが、いつもオカズにしていたのは同級生じゃなく年上の女性。しかも母親くらい年が離れている、いわゆる熟女と呼ばれる女性たちだ。なぜか年上の女性に惹かれてしまう性癖なのだ。 そんなある日の夕方、隣に住むおばちゃんがベランダに出てくるのが見えた。このおばちゃんは40代だけど、綺麗な人でお尻が魅力的だったが、そんなお…

初めてのアナル体験はニューハーフ

僕が性に興味を持ちだしたのは高校生の頃だった。初めて読んだエロ本がSM系で、それ以来SMプレイに興味が湧いてきた。色々と読んでみると男のアナルの奥には前立腺と呼ばれる部位があり、そこを刺激されると女性のように感じる事ができるらしい。その情報を知ってからは自分でオナニーする時にもアナルを弄ったりしたが、中々思うように気持ち良くなる事はできなかった。そして高校を卒業して女性とセックスする機会があったが、想像していたよりも気持ち良くはなかった。だけど、ある時自分のアナルを舐められたことがあってその時だけは自分でもびっくりするくらい大声を上げていた。 それからより一層アナル開発に興味が出たのだ。まず自…

路上で話しかけられた外人女性と

夜中に歓楽街を歩いていれば色んな女が立っているが、つい先日出会った女は少し変わっていた。深夜に薄暗い街灯しかない道でひとりの女が立っていたがどうせ客引きだろうと思い目を合わせずに通り過ぎようとした。しかし予想通り声を掛けられた。「一回フェラチオしませんか?」正直してみたい気分は合ったが手持ちがなかったので大人しく断った。大抵の女はこれで諦めるが、その女は違った。僕の手を取ると建物と建物の隙間に連れ込んだ。そしていくら持ってるか聞かれ、正直に千円くらいしかない事を伝えた。これで諦めるかと思い立ち去ろうとしたが、彼女はまだ動く気配がない。 さすがに気の毒になってきたので近くの自販機でジュースを奢っ…